特定調停しても審査に通りやすいクレジットカード

特定調停などの債務整理をするとブラック扱いとなり
クレジットカードはまず持つことが厳しいでしょう。

それでもクレジットカードが欲しいと思うのであれば、
クレジットカードの中で比較的審査が甘いといわれるの
楽天カード
です。

E−BANK銀行から楽天銀行になり楽天市場とポイントが共通
で使えたり、楽天市場で買い物をするにはメリットのあるクレジットカードです。

残念ながら私はクレジットカードが持てませんが、
楽天銀行には私が愛用する楽天VISAデビットカードがあり

楽天銀行の口座に残高があれば、クレジットカードのように利用できます。

しかし、どうしてもクレジットカードが欲しいといのうであれば、
楽天のクレジットカード、楽天カード
に申し込んで見る前に楽天の銀行口座を開設し、楽天VISAデビットカードを申し込みましょう。

その後に、楽天カード
に申し込みを行なえば、より審査に通る可能性は高いと

いわれています。しかし、特定調停と言っても人それぞれ内容が違い
ますので一概に全てが審査に通るとは限りません。

もしクレジットカードの審査が通らなかったとしても

楽天銀行に口座開設すれば、楽天VISAデビットカードは無審査
で持つことができるので、買い物でも外食でもカードには困りません。


楽天銀行口座開設と楽天VISAデビットカードを入手するには
↓     ↓    ↓




楽天銀行に口座をすでに持っている人は楽天カードにトライ!
↓     ↓    ↓



特定調停後の借入

特定調停後、返済をしている最中であっても新たに
お金が必要になった時にどうするか?

蓄えがあるのであれば、特定調停をする必要もないわけ
です。

余分な蓄えがなくてもいつ何時お金が必要になることも
あるかもしれません。

事故・病気などは突然降りかかったくる可能性は0では
ないでしょう。

また、会社の業績不振その他により転職・退職を余儀なくされる
ことも考えられます。

そんな際にまとまったお金が必要な時に借り入れる先は特定
調停をしている身では借り入れる先がありません。

そういう者であっても救いの手を差し伸べてくれるのが
社会福祉協議会の緊急融資の制度です。

金融機関の情報を調べることはないので特定調停者であっても
借入の可能性はあります。

当然無審査ではなく、借り入れる理由など面談が必要です。

他には独立行政法人福祉医療機構のみで扱う、年金担保融資
というものがあります。これは年金をもらっているものに限られ

ますが、こちらはほぼ無審査です。

年金の支払いの中から返済をする確実性があることから
こちらも信用情報などを参照されることはありません。

ただし、年金担保融資は今後、自己破産などをすることに
なっても免責されず、融資分が回収されるまではずっと天引き

されることになるのは一般の借入と違うところです。